ファクトリーアウトレット トリックスター TRICK STAR スリップオンマフラー IKAZUCHI ステンレス ZX-10R カーボン RR JMCA政府認証 16-19 chichibu-ff.com,ステンレス,IKAZUCHI,車&バイク , バイクパーツ , バイクマフラー,STAR),ZX-10R/RR,スリップオンマフラー,(16-19),/aminosis1951144.html,JMCA政府認証,カーボン,トリックスター(TRICK,53460円 53460円 トリックスター(TRICK STAR) スリップオンマフラー IKAZUCHI ステンレス カーボン JMCA政府認証 ZX-10R/RR (16-19) 車&バイク バイクパーツ バイクマフラー 53460円 トリックスター(TRICK STAR) スリップオンマフラー IKAZUCHI ステンレス カーボン JMCA政府認証 ZX-10R/RR (16-19) 車&バイク バイクパーツ バイクマフラー chichibu-ff.com,ステンレス,IKAZUCHI,車&バイク , バイクパーツ , バイクマフラー,STAR),ZX-10R/RR,スリップオンマフラー,(16-19),/aminosis1951144.html,JMCA政府認証,カーボン,トリックスター(TRICK,53460円 ファクトリーアウトレット トリックスター TRICK STAR スリップオンマフラー IKAZUCHI ステンレス ZX-10R カーボン RR JMCA政府認証 16-19

ファクトリーアウトレット トリックスター 使い勝手の良い TRICK STAR スリップオンマフラー IKAZUCHI ステンレス ZX-10R カーボン RR JMCA政府認証 16-19

トリックスター(TRICK STAR) スリップオンマフラー IKAZUCHI ステンレス カーボン JMCA政府認証 ZX-10R/RR (16-19)

53460円

トリックスター(TRICK STAR) スリップオンマフラー IKAZUCHI ステンレス カーボン JMCA政府認証 ZX-10R/RR (16-19)

商品の説明

スタイル:IKAZUCHI ステンレス カーボン

鈴鹿8耐や全日本ロードレースで使用していくTRICK STARブランドのフラッグシップモデルですの公道走行可能Ver.
触媒の後方から装着するタイプになります。
サイレンサーはTRICK STARがこれまでの経験の全てを集約して具現化した、
ブランド史上最高の性能を秘めるIKAZUCHIサイレンサー。
その重厚なサウンドはライダーの感性を極限まで高め、研ぎ澄まされた走りの世界へと誘います。

政府認証 JMCA認定 
騒音規制適合 車検対応
オイル交換対応
オイルフィルター交換対応
国内(マレーシア仕様)対応

レイアウト:スリップオンマフラー
パイプ素材:チタン
サイレンサー:IKAZUCHIサイレンサー 各種

付属品:
エキゾーストパイプ
サイレンサー
サイレンサーバンド
マフラースプリング

トリックスター(TRICK STAR) スリップオンマフラー IKAZUCHI ステンレス カーボン JMCA政府認証 ZX-10R/RR (16-19)

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(2)】
2012年11月配信
1.マンガン乾電池
1866年に、ルクランシェが乾電池の先駆となるルクランシェ電池を発表しました。これは、素焼き筒の中に電解液を浸し、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛を用いたものでしたが、このルクランシェ電池の電解液を非流動化させ、日常使いやすいルクランシェ型マンガン乾電池の開発が19世紀末に世界で行われました。1880年代のほぼ同時期に日本の屋井先蔵、デンマークのヘレセンス、ドイツのガスナーらが開発を行い、これを乾電池と呼んだのです。
この電池は1880年代の後半から現代まで世界で大量に生産され使用されています。開発初期の正極には、天然産二酸化マンガン鉱石をそのまま粉砕して用いられましたが、現在は硫酸酸性硫酸マンガン水溶液から黒鉛アノード上に電気分解によって析出する電解二酸化マンガン(γ-MnO2)が使用されています。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook