秩父ファーマーズファクトリーからのお知らせ

【秩父兎田ワイナリー 新製品開発事業】 【秩父農業女子ワイン WINERY GIRL】 【女性による女性の感性から生まれたワイン】 【熟練の技術をIOTで若者へ承継】

【秩父兎田ワイナリー 新製品開発事業】
【秩父農業女子ワイン WINERY GIRL】
【女性による女性の感性から生まれたワイン】
【熟練の技術をIOTで若者へ承継】
秩父ファーマーズファクトリー兎田ワイナリーに勤めている新卒5年目の女性スタッフ前野紗希を中心に秩父農業女子ワインを開発。
ぶどうの栽培から醸造、ラベルデザインまで、製品化への工程に一貫して携わることによって、
若手女性醸造家ならではの感性を活かした新しいワインを製品開発しました。
商品紹介動画は兎田ワイナリーPVを作成していただいたrockfilmの宮下遥明氏。
ディレクションを浅見制作所の浅見裕氏。
現在、秩父地場産センター2階展示スペースにて商品&PVを展示上映開催中。
■IoT技術の導入
(株)名取製作所と湘南工科大学及び、埼玉県産業技術総合センター(SAITEC)北部研究所よりアドバイスをいただき、IoT技術を導入することで、醸造責任者である深田社長の長年の勘や技術といった目に見えない細やかな情報の【見える化】を図りました。スムーズな技術の承継により、若い醸造家でも安定したワイン造りを行うことができます。
■導入事例
発酵タンクにブリックスと温度を測る機械とカメラを設置したことで、時間のかかる発酵管理の分析を常にパソコンや携帯で確認することができるようになりました。
■秩父銘仙柄のワインラベル
デザインはmalme.designの吉田武志氏。ロゼワインの色であり女性らしさと新しさを感じるピンクを採用し、秩父銘仙の最新デザインである「矢文に雪洞」を使用。伝統技術の中にも新しい感性を取り入れたワインに相応しいデザインになりました。
■ちちぶ山ルビー
秩父限定の『ちちぶ 山ルビー』は山梨県で生れましたが栽培が大変難しく、商品化に成功したのは秩父の2軒の農家だけ。楕円で美しい鮮紅色の粒が特長。種が無く皮ごと食べられ、とても甘く小さなお子様からお年寄りまでみんなに愛されるぶどうです。
〇下記会場にて商品&PV 展示上映開催中
会期 令和3年2月25日(木)~3月31日(水) 10時~17時
会場 秩父地場産センター2階展示スペース

記事カテゴリー
  • カテゴリを追加
最近の記事
月別バックナンバー
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年

秩父ファーマーズファクトリーについて

所在地 埼玉県秩父市下吉田3720
TEL 0494-26-7173(受付時間10時~17時)
FAX 0494-26-7174

秩父ファーマーズファクトリーへのアクセス

取扱いワイン・ワイナリー・レストラン・特産品販売

秩父ファーマーズファクトリーからのお知らせ

ページの最上部へ